本文へ移動

中型犬用 犬小屋

斜め:ステンレス製 犬小屋(中型犬用)
斜め:ステンレス製 犬小屋(中型犬用) 二重扉仕様
 
犬小屋の仕様と寸法です。
 
SUS 304 HL(ヘアライン)仕上げ
 
幅1200mm×奥行1900mm×高さ1800mm
 

 
中型犬の居住スペース:幅1200mm×奥行1200mm×高さ1430mm(+嵩上げ370mm)
 
居住前一時スペース:幅1200mm×奥行700mm×高さ1800mm
 

以前にホームページよりお問い合わせいただき、お仕事をさせて頂いたお客様からのご依頼です。
 
そのときから犬小屋の製作のご相談をいただいておりました。
 
当社の金属加工に興味を持っていただき、ステンレス製の犬小屋をご提案させていただきました。
 
扉を開けた時に、万が一、犬がゲージの外へ逃げることを防ぐため、犬の居住スペースの他にもうひとつのスペースを設けて、二重扉の犬小屋に致しました。
 
表の扉は内側・外側両方から扉の鍵を掛けられるよう、工夫してあります。
 
お客様のアイデアとイメージを形にしました。
 
犬の接する床面には、お客様でご用意いただいたヒノキのスノコを設置致しました。
 
それでは、ステンレスの犬小屋の製作から設置完了までの様子をご覧ください。
製作中:ステンレス製 犬小屋の支柱を製作。部材を切出し、小口を溶接したところ
製作中:支柱を製作します。部材を切出し、小口を溶接したところです。
 
端部詳細(1):ステンレス製 犬小屋の支柱小口溶接部分の仕上げ前の様子
端部詳細(1):支柱小口溶接部分の仕上げ前の様子です。
製作中:ステンレス製 犬小屋の面格子が製作完了した様子
製作中:面格子が製作完了した様子です。
製作中:ステンレス製 犬小屋の二重扉(表側)部品が製作完了した様子
製作中:二重扉(表側)部品が製作完了した様子です。
端部詳細(2):ステンレス製 犬小屋の扉隅部分で仕上げ完了の詳細
端部詳細(2):扉隅部分で仕上げ完了の詳細です。
端部詳細(3):ステンレス製 犬小屋の支柱・横桟・格子、取合部分
端部詳細(3):支柱・横桟・格子、取合部分です。
端部詳細(5):ステンレス製 犬小屋の扉側に取り付けた重量用蝶番
端部詳細(5):扉側に取り付けた重量用蝶番です。
端部詳細(6):ステンレス製 犬小屋の扉に取り付けたステンレス製カンヌキ
端部詳細(6):扉に取り付けたステンレス製カンヌキです。
端部詳細(9):ステンレス製 犬小屋の扉に取付けたステンレス製重量蝶番(タキゲン製造 B-1001-14H)
端部詳細(9):扉に取付けたステンレス製重量蝶番(タキゲン製造 B-1001-14H)です。
端部詳細(10):ステンレス製 犬小屋の戸当たり(薄ゴム付)
端部詳細(10):戸当たり(薄ゴム付)です。
端部詳細(11):仕上げをしたステンレス製 犬小屋の支柱と横桟の溶接部分
端部詳細(11):仕上げをした支柱と横桟の溶接部分です。
端部詳細(13):ステンレス製 犬小屋の扉にステンレス製カンヌキを取り付けた様子
端部詳細(13):扉にステンレス製カンヌキを取り付けた様子です。
端部詳細(14):仕上げをしたステンレス製 犬小屋の溶接部分の様子
端部詳細(14):仕上げをした溶接部分の様子です。
製作完了:ステンレス製 犬小屋(中型犬用)
製作完了:ステンレス製の犬小屋です。
製作完了:ステンレス製 犬小屋(中型犬用)に養生完了
製作完了:養生をしました。
0
7
5
4
4
2
〔12月の工場稼働率
12月8日現在
 
おかげさまで
100%稼働中です。

100%
         
                   
 
12月製作の品目
・SUS製スロープ手摺
・ボンデ/SUS製パネル
・SUS製免震関連製品
・St製ピット蓋補強架台
・SUS製コーナーガード
 
1月製作の品目
・ボンデ/SUS製パネル
・SUS製免震関連製品
・St製ピット蓋補強架台
・SUS製犬小屋
 
〔備考〕
ステンレス・スチールの量産の製作のご依頼は、どうお早めに相談ください。
 
有限会社萩原製作所
〒400-0824
山梨県甲府市蓬沢町1300
(山梨県は東京の隣です)
TEL:055-287-6573
FAX:055-287-6574
営業時間:8:00~17:00
担当 萩原(はぎはら)
・ステンレス加工
・TIG溶接
・金属加工
・建築金物
・製作金物
・金属工事
・ステンレス製 犬小屋
・メーカー様とコラボ製造
・ABC商会 特約施工販売店
・メーカー様製品のOEM製造

山梨県知事 許可(般-29)
第5466号
板金工事業 鋼構造物工事業
山梨県甲府市蓬沢町1300
TOPへ戻る